July 25, 2014

alicefirm:

ザ・ナイスボディ

宇都宮しをん、明日花キララ、夢乃あいか、ティアといった人気女優を1コーナーあたり約25分構成で長尺収録&高画質映像でお届け!!貴男の目を釘付けにするS1女優の最高のカラダをクネらせ絶頂する様をとくとご覧ください。

【詳細についてはこちらをご覧ください】

(via xxxsgifttous)

July 24, 2014
kitkhsh69:

椎名まりな

kitkhsh69:

椎名まりな

(via mugijiru)

July 24, 2014

(Source: melc, via cewasd)

July 24, 2014
bite:

【2ch】ニュー速クオリティ:【画像】盛大に下着透けさしてる女ってバカなの?

bite:

【2ch】ニュー速クオリティ:【画像】盛大に下着透けさしてる女ってバカなの?

(via iori0121)

July 24, 2014

@tobari000

nrshs:

小池里奈

(via iori0121)

July 24, 2014
lashesandlips:

吉木りさ

lashesandlips:

吉木りさ

(via iori0121)

July 24, 2014
パックマン

Written by T鈴木


正統派オリジナル「パックマン」

パックマンの電子ゲームって本当にたくさん作られましたね。
ざっと思い付いただけでも
「パクパクマン」(エポック社)
「パックリモンスター」(バンダイ)
「パックモンスター」「スーパーパックモンスター」(学研)
・・・・海外の電子ゲームを含めればもっとたくさんあるでしょう。

一目見て容易に理解できるシンプルなルール。パワーエサにより攻守が逆転するという革新的な発想。
筆者が思うに、これほど電子ゲームにピッタリの題材はないと思います。

そして、これらパックマン電子ゲームの元祖であり、唯一オリジナルの製作元、ナムコの承諾を得て作られたのが、このトミー「パックマン」なのです。
円形のボディにイエローのカラーリングが、もはやプレイする前からいやが上にもテンションを高めさせますが、果たしてその出来はいかなるものなのでしょうか!?

ゲーム内容

内容は、基本的にオリジナルに忠実です。
追いかけてくるモンスターをかわしつつ、エサをすべて食べればクリア。
星型のパワーエサを食べればパワーアップ!一定時間内であれば、モンスターを食べることが出来ます。
・・・・ってもはや説明の必要もないですね。

基本ルールはオリジナルといっしょだ。

もちろんオリジナル同様、モンスターを連続して食べれば100点・・・・200点・・・・と点数がUPしていく要素も再現されています。
スタート音もオリジナルと同じで、まさに元祖の風格漂う、否の打ち所のない移植となっているのです!

・・・・・・というのはウソで

やはりいくつか違うところがあります。
何と言っても「右側からしかエサが食えない」!これはトミーパックマンを語る上で必ず出る指摘ですが、学研版やバンダイ版が左右どちらからでも食べられるのに対して、ちょっと残念ですね。
まあパックマンが常に左を向いているのでしょうがないのですが、やはり制限の多いFLにあって、もうちょっと工夫してほしかったなぁ、と思います。
(ちなみにモンスターは左からでも食べることができます。背中で食っている!?)
そして「エサの数がすくない」。何か迷路の中にチョボチョボっとエサがあって・・・・寂しいですね。大体、画面小さすぎ!某飲料水のコマーシャルの様に、もっと豪快にバクバク食べたいはずや!(笑)
最後に何と言っても致命的なのが「全体的に動きがトロい」!もっとキビキビ動いてくれればメリハリのあるゲーム展開になったと思うのですが、エポック社版があれだけスピーディなのに対してこれはちょっと・・・・。

「パックマン」のパッケージ

ぜひ持っていたい1台

と言うわけで、唯一承諾を得ている割りにヒナンゴウゴウな内容となっていますが(汗)、電子ゲームを語る上に外せない1台であることには変わりはないので、コレクターを自負するならぜひ持っていたい1台ですね。
何と言ってもこの本体のフォルム。これは全電子ゲームの中でも本の指に入るグッドデザインだと思います!
これ以降のトミーFLが、何か普通っぽいデザインになってしまったのに対して、突出した出来だと思いますね。

そして、割りと手に入りにくいと言うこと。
箱付き新品だと、コレクターの間でけっこうな値段で取引されています。
筆者は偶然にも2台発見することが出来ましたが、やはりよく売れた為か、全体的に数は少ないようですね。
トミーの他のFLはたくさん売れ残っているのにね・・・・(キン●マンとかスクラ●ブルとか・・・・)。

後期バージョン

このパックマン、後期ではロゴのデザイン(スペル)が変わっています。
これはオリジナルのパックマンのスペル「PUCKーMAN」が海外で問題になった為で、電子ゲーム版も新ロゴ「PAC-MAN」に差し替えられました。
こちらも少数ですが日本でも発売されたようですね。
え?何で海外で問題があったのかって?外人に中指を立てて「PUCK!」と叫んでみれば分るよ(笑)。

こちらが新ロゴバージョン。

筆者が始めて買ったゲーム

ちなみに、筆者が初めて買った電子ゲームがこの「パックマン」だったりします。
確かドラマの中にこれが出てきて、それを見て欲しくなったという脊髄反射。実に単細胞な子供ですが(笑)、当時はこれしかなかったので何100回と遊びましたよ、ええ。
そのうちゲーム&ウォッチが大流行して、みんなポケットに忍ばせながら塾とかに持ってくるわけですが、筆者はこの「パックマン」しか持ってないので当然ポケットに入るわけはなく、随分寂しい思いをしましたよ(当時からFLファンは疎外されていたのだ)。
それでも無理矢理カバンに詰めて持っていったが、狭いカバンの中で勝手に電源スイッチが入ってしまい、授業中にパックマンのテーマが大音量で・・・・。
いや、恥ずかしかったですね(笑)。

(Source: fnfnbeppfinmnjnjhedifcfllpcfgeea)

July 24, 2014
クレイジークライミング

Written by T鈴木

共同開発

ご存知、超有名アーケードゲーム「クレイジークライマー」(ニチブツ)の移植です。
「なぜクライミング!?パチモンじゃねーの?」などと、微妙なタイトルの違いを指して失礼なことを言ってはいけません!こう見えてもバンダイ、ニチブツ共同開発ゲームなのです!
(まあ、この「微妙なタイトルの違い=パチモン」という図式は、電ゲーに限らず、レトロゲームに全般において至極当然の見解なのですが)
それはともかく、アーケードメーカーと玩具メーカーの夢の融合が、当時から成されていたとは驚きですね!
さて、その移植度は!?

窓が閉まる!

オリジナルとの違い

まず大雑把にオリジナルとの違いをあげて見ましょう。

(1)キングコング、看板、鉄アレイなど、一部キャラがない。
(2)操作方法が違う。
(3)面クリア時のヘリコプターデモがない。

・・・・と、オリジナルに比べてかなり物足りない内容になっています。

(1)のキングコングなどの一部キャラが削られているのはしようがないですね。この辺が蛍光表示の限界でしょう。植木鉢やしらけ鳥が再現されているだけでも、なかなか凄いと思いますよ(ちなみに「しらけ鳥のテーマはありません)。
また、「閉まる窓」も再現されています。これは当時としてはかなり凄いのでは!?
(しかし、窓がなかなか開かず、一定時間そこでジっとしていなければならないという弊害もある)

(2)の操作方法が違うというのは、オリジナルをやりこんだ人にとってはかなりとまどうのではないでしょうか?具体的に言うと、片手を隣の窓にかけての横移動ができません。しかし、両手を揃えていれば(ふんばるポーズ)落下物に当たっても耐えることが出来ます。

(3)のヘリコプターがないというのは・・・・・残念でした(ふぅ)。

C、Dの状態なら落下物を耐えるだけでなく
横に移動することも出来る!

2本レバーを再現!

2本レバー筐体

しかしながら、他に見るべき点はたくさんあります。
まず、2本レバーの再現!これがないとクレイジークライマーとは言えませんよね!?
ファミコン版は両パッドの+字キーにスティックを着けるという苦しさ(!?)でしたが、それ自体がハードである電子ゲームには関係ありません!ハッキリ言って、操作しているだけでも楽しいですよ!
そして、左右スクロール!
画面では3列蛍光表示にしか見えませんが、左右に1列ずつ擬似スクロールするので、計5列横移動することが出来ます。これは当時としては凄い発想ではないでしょうか!?(同じバンダイのFLでは「ザックマン」もスクロールします)
表現の乏しいFLゲームにおいて、様々な試行錯誤を繰り返したであろう開発者の努力には、本当に敬意を表する思いです。バンダイ初期FLの素晴らしさを、改めて確認させられた次第ですね(ことバンダイに限っては、FLは初期作品のほうが名作が多いのだ)。

FLを代表するゲーム

というわけで、この「クレイジークライミング」は買いです!
G&Wに飽きてこれからFLでも集めようかと思っているあなた。まずこれを手に入れることを目標にしてみてはいかがでしょうか?(入手難易度も適度だし)

特別企画 日米クレクラ対決!!

なお、海外でもENTEXというメーカーがクレイジークライマーの電子ゲームを発売しています。
「バンダイとどこが違うのか!?」
「果たして、その出来は!?」
というわけで、我らがバンダイの威信をかけて、日米クレイジークライマー対決を開催したいと思います。パチパチパチ!(ハア・・・・

ENTEX版。激激激レア!!

移植度

ENTEX版、なんとヘリコプターを再現!凄い!
でもやっぱりキングコングはいなかったよ(「ウリャ!」の声が好きだったのに・・・」)。
植木鉢、しらけ鳥は当然再現!あと何気にアドバルーンもあります。
でも窓が閉まらないんだよな~。(T_T)
これは大きな減点!・・・・かな?

ENTEX版の画面だ

操作性

ENTEX版、横の窓に手をかけることが出来ます!
これで少しはオリジナルの操作感覚に近づいたのではないでしょうか?
でもバンダイの方が動きが軽くて軽快に昇るような気も・・・・。
関係ないけどENTEX版、ビル高すぎ!(笑

グラフィック

これはほとんど変わりませんね~。
ちなみにENTEX版は横にスクロールしません。
画面はバンダイの方が若干賑やかかな・・・!?


判定

総合点ではバンダイ!でもENTEXも海外ゲーム特有の深い味わいが・・・。
レア度で言えば圧倒的にENTEX!これは殆ど手に入りません!
でもバンダイはたくさん売れた・・・・。
これは甲乙付け難いのですが、結果発表します!

判定は・・・・・引き分け!!!

往年の猪木の試合のように、いつの時代も因縁の対決は不透明決着のまま終わるのであった・・・・・。
ちゃんちゃん。

(Source: fnfnbeppfinmnjnjhedifcfllpcfgeea)

July 24, 2014
"ウナギの人工孵化は1973年に北海道大学において初めて成功し、2002年には三重県の水産総合研究センター養殖研究所(現「増養殖研究所」)が仔魚をシラスウナギに変態させることに世界で初めて成功した[8]。しかし人工孵化と孵化直後養殖技術はいまだ莫大な費用が掛かり、成功率も低いため研究中で、養殖種苗となるシラスウナギを海岸で捕獲し、成魚になるまで養殖する方法しか商業的には実現していない。自然界における個体数の減少、稚魚の減少にも直接繋がっており、養殖産業自身も打撃を受けつつある。そうした中での2010年、水産総合研究センターが人工孵化したウナギを親ウナギに成長させ、さらに次の世代の稚魚を誕生させるという完全養殖に世界で初めて成功したと発表[9]。25万個余りの卵が生まれ、このうち75%が孵化したと報じており、先に述べた稚魚の漁獲高減少もあって、期待を集めている。だが、孵化直後の稚魚の餌の原料にサメの卵が必要で、毎日水を入れ替えなければならず、人工環境ではほとんどオスしか生まれないため産卵のためにホルモンによるメス化が必要など、コスト面で課題が多く残されている[10]。2013年には、プランクトンの糞や死骸が餌となることが突き止められた。また、鶏卵やヤマメの精巣も餌になることが判明し、幼生は約9割が育つまでになった。しかし、2013年の現状ではシラスウナギ1匹にかかるコストは飼料代、設備投資、人件費、光熱費など1000円以下では無理だといわれている[11]。環境庁は、実用化には2020年ごろまでかかると発表している[要出典]。"

完全養殖

(Source: Wikipedia)

July 24, 2014

(Source: erotiqueeee)

Liked posts on Tumblr: More liked posts »